ツアー情報

小坂の滝めぐり ツアー情報

  • ツアー情報
  • ガイド予約
  • ガイド紹介
  • 小坂の沢登
  • 溶岩台地の森でのんびりハイキング
  • 路線バスで小坂を楽しむ
  • 神秘的な冬の滝めぐり
  • 雪原ハイキング
  • この夏開催!小坂の沢登
  • 入門編 溶岩台地の森でのんびりハイキング
  • カフェトレッキング
  • 路線バスで飛騨小坂を楽しむ
  • 小坂の情報盛りだくさん!飛騨小坂ビジターセンター
  • ガイドの予約はこちらから
  • 小坂スタイル 小坂でしか体験できないこと配信中!
ツアー開催のご案内

小坂の滝めぐりを、ガイドと共に気軽に楽しんでいただくためのツアーを企画しました。
自然に興味のある方々との交流も、楽しみの一つです。
個々でお申込いただくよりも、手軽に参加できる料金設定にしています。
皆さまのご参加をお待ちしております。

2017年 定期ツアー開催日 ツアー開催日
ゾーン 開催日 コース 最少人数 定員 集合時間 ツアー時間 参加費
奥山挑戦 6/25(日) 濁滝 2名 6名 8:00 5H 7,000円
7/2(日) あまつばの滝 2名 6名 8:00 5.5H 7,000円
7/9(日) 千畳の滝 2名 6名 8:00 5.5H 7,000円
8/6(日) 千畳の滝 2名 6名 8:00 5.5H 7,000円
9/3(日) あまつばの滝 2名 6名 8:00 5.5H 7,000円
9/30(土) 濁滝 2名 6名 8:00 5H 7,000円
秘境探検 7/15(土) 龍門の滝 2名 6名 8:00 5H 8,000円
7/22(土) 百間滝 2名 6名 7:00 9H 9,000円
8/19(土) 岩折の滝 2名 6名 7:00 8H 9,000円
8/26(土) しょうけ滝 2名 6名 7:00 8H 9,000円
9/9(土) 龍門の滝 2名 6名 8:00 5H 8,000円
9/18(月) 回廊の滝 2名 6名 8:00 6H 8,000円

定期ツアー集合場所

飛騨小坂ビジターセンター
〒509-3114 岐阜県下呂市小坂町赤沼田811 道の駅南飛騨小坂はなもも地内

>> 定期開催・小坂の滝めぐりガイドコースのチラシはこちら

  • こちらの全てのコースはガイドが
    居なければ立ち入ることができません。
  • 国有林への届け出が必要です。
    各コース開催日の8日前までにお申込みください。
  • 百間滝コースへ参加される場合は入林届の他
    登山届が必要です。(岐阜県条例に基づく)
  • 沢歩きは登山とは異なります、専用の装備(フェルト靴)が必要です。(有料レンタル500円)
  • 回廊の滝、しょうけ滝、百間滝、岩折の滝コースは沢歩きの経験のない方はご参加頂けません。
  • 雨天中止です。中止による延期、日程の変更はありません。
  • 各コース2名より催行、定員は約6名までになります。
お問い合わせはこちら

この他の日程や、個別での参加をご希望の方は、こちらよりお申込ください。

詳しい情報はこちらから

※奥山挑戦コース・秘境探検コースは国有林の中にあり、入林許可が必要となります。
ガイド無しでは立ち入ることができません。
何卒、ご了承くださいませ。

ツアー参加者からの声
  • 大変ご親切な案内をありがとうございました。太古からの自然の雄大さと気の遠くなるような、その時間の営みを現場にてご説明いただき感動しました。それを教えていただいた桂川さんに感謝いたします。小坂には、まだまだ魅力的なところが沢山あるようですね。どうも、小坂ファンになりそうです。秋にも、また違うコースを相談する機会もありそうです。今後ともよろしくお願いいたします。(K.Sさま)
  • 光ゴケを見たり、植物観察、そして独特の景観の材木滝に、まだ名前の決まっていないヒスイ色の無名の滝・・・滝の町小坂の真髄に触れることができました。私が一番感動したのは、わざわざ車を止めて見せてくださった道からの眺めでした。御嶽溶岩流の流れがはっきりと残っており、火山活動の雄大さが大変よく分かりました。小坂の町が本当に好きになったので、これからは友人にも宣伝して行こうと思ってます。(Y.Oさま)
  • とっても有意義な一日でした。
偶然というか北アイルランドツアーで柱状節理をはじめて見たところで、日本でも、しかも岐阜県内での同様の景観にはびっくりしました。
説明を聞いていると、なるほどと納得でき、宇宙の神秘というべきか、自然の偉大さというのかとっても感動しました。
物事は見ただけではなく、それなりの摂理も認識する姿勢が必要とつくづく思い知らされました。
何だか、急に賢くなった気分です。
友達も皆とっても喜んでいました。
毎日の職場を離れて、マイナスイオンだけではなくて人間の一部ともいえる、木、岩、花、滝、土・・・と心身ともに癒されました。(T.Tさま)
上にもどる