小坂の滝めぐり

岐阜県下呂市 小坂の滝めぐり 岩折の滝コース

  • 小坂の滝めぐり
  • 三ツ滝コース
  • 仙人滝コース
  • 根尾の滝コース
  • 材木滝コース
  • 翡翠滝コース
  • 観音滝コース
  • あまつばの滝コース
  • 千畳の滝コース
  • 濁滝コース
  • 龍門の滝コース
  • 回廊の滝コース
  • 百間滝コース
  • しょうけ滝コース
  • 岩折の滝コース
  • この夏開催!小坂の沢登
  • 入門編 溶岩台地の森でのんびりハイキング
  • カフェトレッキング
  • 路線バスで飛騨小坂を楽しむ
  • 小坂の情報盛りだくさん!飛騨小坂ビジターセンター
  • ガイドの予約はこちらから
  • 小坂スタイル 小坂でしか体験できないこと配信中!
秘境探検ゾーン 岩折の滝コース
  • 要ガイド
  • 体力度5
  • 難易度5
  • 所要時間5時間
  • 滝の数12
  • 地下足袋

20M以上の男性的な滝が3つ観られる最も豪快なコースであり、もっとも体力が必要とされるコースです。
大きな柱状摂理(1辺が2M)、珍しい高山植物も見られます。

岩折の滝→屏風滝→吹上の滝
観察できる滝

岩折の滝 (落差:21m)

林道から標高差150Mを下ると岩折の滝があります。
名前の由来は大きな柱状節理が滝にもたれかかっていましたが、現在は消失しています。
滝壷の付近には、クリンソウが見られます。

屏風滝 (落差:28m)

サワラやヒノキの群生地を下り、滝と同じ高さの展望台から大きな滝壷を見下ろしながめることができます。

吹上の滝 (落差:25m)

滝の正面に大きな岩があることで、水が跳ね返りしぶきが吹き上がります。

ここはチェック

温泉成分による、青白いの滝壷の色が特長的です。
6月下旬にはシャクナゲ、8月ころにはグンナイフウロなどの山野草も観られます。

用意するもの

コース中には渡渉もありますので足元はフェルト底の靴が適しています。
また、動きやすい服装、雨具、弁当が必要です。
危険個所にはロープ、クサリ等がついていますが、念のためヘルメット、簡易ハーネスをつけての滝巡りとなります。

コースの注意点

渡渉は10回以上で深い場所ではまた下まで水に入ります。高巻きも複数回で1時間所要する高巻きもあります。

こちらのコースは、未整備の路面による安全上の問題と、一部国有林のため入林許可が必要です。
必ずガイド同伴で滝めぐりをお楽しみください。
※入林許可の手続きのため7日前までにガイドをお申込ください。
詳しい情報はこちらから
  • 岩折の滝
  • 岩折の滝
  • 吹上の滝
  • 屏風滝
岩折の滝コース

地図にマウスをのせると行程が表示されます。

上にもどる